新社会人向け資産形成戦略①:警戒すべき相手 編

2020年5月10日総論

新社会人のみなさん、どうお過ごしでしょうか。

この記事では、「もし私が今新社会人を始めるとしたら、こうする!」

という観点から、新社会人におすすめの資産形成戦略を書いてみました。

まだ資産形成に本腰をいれていない20代の方にも参考になると思います。

一部「それ資産形成関係なくね?」という内容を含みます。

ではさっそく行ってみましょう!

あせって目の前の先輩の真似をしない

新社会人のみなさんはこういう経験ありませんか?

大学や高校に入学したての頃に憧れて影響を受けた先輩でも、月日が経つうちに、色々とイケてないところが判明して

「なんであの先輩がいいと思ったんだろう…」「服装も髪型も真似したの失敗だった…」

なーんて後悔したようなこと。

これ、新社会人でも起こりえます。

「おしゃれは足元からだから!」「時計くらいはいいのしとけよ!」

「安い居酒屋とか、ないわ~」「終電とか気にせず飲もう!」

「社会人なんだから、保険ぐらい入っとけよ」

全部とりあえず無視しましょう。

浪費家の先輩は、間違いなく後輩を浪費家にしようとします。

2・3年したら、先輩を見る目も養われます。

そのとき、本当に参考にすべき先輩だけを参考にしましょう。

保険(のお姉さん)とは付き合わない

生保レディの方とお近づきになるならないの話ではありません。あしからず。

この春、保険のお姉さんになった方は、気を悪くしないでくださいm(__)m

会社に出入りする謎の人物の中で、やっかいなのは保険のお姉さんです。

「今みなさんのお名前伺って回ってるんです~」

という謎のあいさつから始まり、生年月日や保険加入状況を聞いてきます。

不安を抱えながら新社会人生活をしているみなさんにとって、笑顔で親しく話しかけてくれる人は貴重ですが、

保険のお姉さんは、ビジネスをしています。(当たり前)

多くの新社会人はそうだと思いますが、独身で扶養家族がいない方には、まず保険は不要です。

上記の方は、保険のお姉さんの呪文への対抗呪文(心の中で)を覚えましょう。

「万が一のとき…」⇒独身なら、経済的に困る人はいません。

「働けなくなったとき…」⇒学生時代と同じ状況になるだけです。

「病気やけがの医療費が…」⇒まず高額療養費制度について調べます。(頼れる親兄弟がいない方で、なお不安であれば、掛け捨ての共済に加入しましょう。)

「がんは…」⇒同上 

「貯蓄型保険で資産形成…」⇒論外です。資産形成の敵は手数料ビジネスです。

ということで、

結論:保険のお姉さんは、基本的に笑顔でスルーしましょう。

保険は扶養家族ができたときに、しっかり勉強して、要否を判断しましょう。(入れとはいってません)

つづく

今回のまとめ

社会人になったら、まず気を付けること

・浪費家の先輩(同期)の真似をしない
・保険のお姉さんに惑わされない

 

総論

Posted by fab