【ランキング】資産形成に役立つ習慣ベスト3

なんでもランキング

ブログテーマに関連した様々なものをランキング形式でお届けするシリーズです!

記念すべきシリーズ第1回目の今回のテーマは「資産形成に役立つ習慣ベスト3」

新しい習慣を作るのはなかなか大変ですが、一度習慣になってしまえば、無理なく続けられる。それが習慣の素晴らしさです。

ぜひ今日から、無理なく資産形成できる習慣を身につけましょう!

第3位:コンビニに寄らない

いきなり消費減らす系をランクインさせてしまいましたが、これけっこう重要です。

資産形成の最大の敵、それは低収入でも株式市場の乱高下でもなく、「自覚のない浪費」です。

コンビニは様々な商品が所狭しと並んでいて、必要のないものもつい買ってしまうように作られています。

カップ麺1つを買いに行ったのに、ついでにポテチを手に取ってしまう。レジ待ちの間にガムや飴を手に取ってしまう。ほとんどの人がそういう経験をしていると思います。

資産形成に取り組みながら、毎日のようにコンビニに立ち寄り、いつのまにか不要なものを買ってしまっているとしたら、あなたはバケツの底に穴を開けたまま、せっせと柄杓で水を汲みいれているということに気づいていないのかもしれません。

お昼ご飯を職場近くのコンビニで調達するしかない人を除けば、なるべくコンビニに寄らないようにしましょう。

どうしても買わなければならないものがあるときは、あらかじめ買う物を決めて、それ以外は買わないという鉄の意志を持って入店しましょう。笑

ちなみに私は最近全然コンビニを利用しませんが、学生時代にはコンビニが自宅から徒歩30秒だったので、よく行っては浪費を繰り返していました。

社会人になってからも1年ほどは、必要最低限の消費に留めようと、サラダは千切りキャベツ、弁当はグラム単価の最も安いものにするなど、工夫しつつもコンビニにどっぷりお世話になっていました。

しかし、資産形成に本気になればなるほど、出て行くお金を恨めしく思うようになり、いつしか利用しなくなりました。

今では食料品はもっぱら格安スーパーのみの利用です。

第2位:資産状況を常に確認する

これは「計るだけダイエット」と全く同じです。

毎日体重計に乗るだけで、人は自分の体重の増減を自覚し、暴飲暴食を控えるようになり、結果として痩せる!というあれと同じく、

毎日資産状況を確認するだけで、人は自分の資産の増減を自覚し、浪費を控えるようになり、結果として貯まる!ということです。

私の場合、社会人1年目に積立投資と一緒に始めたのが、マネーフォワードというアプリで資産管理をすることでした。

マネーフォワードを始めた2014年9月は、まだ有料サービスのなかった頃だと記憶しています。

当時はまだ資産も数十万円だったので、給与が入るだけで20%も総資産が増えるのが嬉しくて嬉しくて、ずっと眺めてましたね。

最近は、給与やボーナスが入ると、トップ画面に「お仕事お疲れさまでした!」と表示されるのが嬉しいですね。

資産管理アプリはいろいろあるので、お好きなのを使われるのがいいと思いますが、有料であれ無料であれ、サービスが安定的に長く利用でき、20年以上前を振り返ることができるようなアプリがいいと思います。

私はマネーフォワードに有料サービスが入ったときからの有料ユーザーですが、資産形成の足跡と日々の収支が簡単に管理でき、モチベーションアップにもつながるので、月額480円の価値は十分あると思っています。

第1位:天引き額を増やしていく

一見よくわからないのが1位です。

それって習慣なのか?というご指摘ごもっとも。

しかし、始める&続けることの容易さと効果の大きさから、習慣と見なして登場いただきました。

これは私だけでなく多くの資産形成関連ブログや書籍で推奨されている天引き貯金や天引き投資を前提とし、そこから一歩進んで「昇給にあわせて天引き額を大きくしていく」というものです。

これには、「生活レベルを上げない」ということも伴います。

サラリーマン投資家であれば、役職の有無などで頭打ちになることはあれど、特に若いうちは少しずつ昇給するのが一般的です。

その際、「俺も一人前の給料取りになったなぁ」などといって、発泡酒をビールにし、合皮を本皮にし、壊れてもないPCやTVを8Kにし、旅行の行き先を沖縄からモルディブに変更したりしてるようでは、資産形成は加速しません。

もちろん今現在の生活を楽しむこともとても大切なんですが、重要なのは、今を楽しむことと将来を豊かにすることとのバランスです。

今の生活レベルでそこそこ満足しているなら、昇給しようが昇格しようが、しばらく同じ生活を続けましょう。

そして、天引き額を引き上げて、積立投資の額を少しずつ増やしていきましょう。

配当は出ない投資信託が最良ですが、個別株投資などで配当があれば、再投資しましょう。

長期・積立・分散・再投資、そして昇給による積立額の増加。

これがささやかながらサラリーマン投資家の強みです。

まとめ

資産形成に役立つ習慣ベスト3、いかがでしたか?

ベスト3に共通するのは、結局は自己管理です。

コンビニに寄らないのも、自分の資産を把握するのも、天引き額を増やして生活レベルを保つのも、自分が何にお金を使っているのかを自覚してコントロールすることです。

今回のランキングを参考に、あなたも資産形成のためにできることから始めてみませんか?