三日坊主は怖くない

小ネタ集

今年こそ家計簿をつけよう!

いい手帳買ったから活用するぞ!

毎日ブログ書こう!

そんな風に意気込んでたのに、途中でやめちゃったことってありませんか? 私はいっぱいあります。

三日坊主になるのが怖くて、新しいこと始めるのをためらったことありませんか? 私はいっぱいあります。

でも私は最近、三日坊主っていうのは、そんなに怖いものじゃないと思うようになりました。

その理由と、三日坊主との上手な付き合い方をお教えします!

 

三日坊主が怖がられる理由

← 三日坊主さん

一般的に三日坊主が怖がられる理由はなんでしょうか。

それは、大きく2つあると思います。

 

三日坊主が怖がられる理由①:自分が「続けられない人」だと思ってしまう

三日坊主になると、「毎日やるって決めたのに、やめてしまった」という後ろめたい気持ちになりますね。

そして、「自分は 続けられないダメなやつだ」なんて思ってしまうこともあります。

もし始めるときに家族や友人に「○○始めたよ!」なんて言って、三日坊主になったら、みんなに「続かなかったんだ」と思われる・・・

そんな風に思ってしまう人も多いと思います。

 

三日坊主が怖がられる理由②:「初期費用がもったいなかった」と思ってしまう

「新しい手帳を買った、家計簿を買った、ランニングウェアを買った。でも続かなかった・・・もったいない」と思うこともありますよね。

それが高価なものであるほど、また他に使い道のないものであるほど、三日坊主でそれらが無駄になってしまったと思ってしまいます。

 

それでも、三日坊主は怖くない!

三日坊主が怖がられる理由はわかりました。でも、それらは勘違いです。三日坊主は決して怖いものではありません。

 

三日坊主が怖くない理由①:三日坊主でも、得たものは大きい

三日坊主になったとしても、

「はじめようと思った」「実際にはじめた」「やってみた」「続かなかったという経験を得た」という事実には価値があるんです。

「はじめようと思った」…何かに心が動き、関心を持てた!

「実際にはじめた」…関心事に向かって、一歩を踏み出せた!

「やってみた」…実際にそのことを1回は経験できた!

「続かなかったという経験を得た」…難しかったとか、時間がかかったとか、始めないとわからなかった事実に気付くことができた!

こんなにも評価すべきことがあるのに、「やらなければよかった」なんてことはありません。

かつての私もそうだったように、たいていの人は、「三日坊主になってしまった」ことでスネてしまって、評価すべきことを無視しているだけなんです。

 

三日坊主が怖くない理由②:むしろ三日坊主は愛される

「あの人は三日坊主になっている。だめな人だ。」なんて真剣に思ったことはありますか?

周りで三日坊主になった人がいても、私は特に何も思いません。「あ、やめたんだ」とすら思わないことが多いです。

何か思うとすれば、むしろその人への親しみを感じます

なぜなら、「みんな三日坊主になりまくって大人になったし、今もしょっちゅう三日坊主になっている」からです。

最近Twitterでどなたかがツイートされていましたが、(ひすいこたろうさんの言葉とのことですが、)

「人は長所で尊敬され、短所で愛される」というのはその通りだなと思います。三日坊主になっちゃった人、かわいいじゃないですか。

三日坊主になった自分を、決して責めないでください。

自分も周りも、三日坊主になりながら、新しい何かを探して生きているんです。素晴らしきかな、人生!

 

三日坊主が怖くない理由③:初期費用なんて、チャレンジした事実に比べれば、はした金だ!

初期費用については、数千円や数万円なんて大したものではありません。大きな挑戦なら数十万でもやってもいい。

人生100年時代になって100歳まで生きたとしても、1年に1回のチャレンジは最大100回しかできないんです。(0歳児の年1チャレンジは、たぶん寝返り)

人生で100回しかできないことに、たった数万円でケチケチしちゃだめですよね。

前向きなチャレンジは、たとえ三日坊主に終わったとしても大きな価値があるんですから、いたずらに三日坊主を怖がるのはやめましょう。

 

三日坊主との上手な付き合い方

三日坊主は怖くないという話、わかっていただけましたか?

「三日坊主を恐れずにチャレンジすることの大切さはわかったけれど、三日坊主にならないほうがいいに決まってる」と思ったあなた、それはごもっともです。

ではここからは三日坊主との上手な付き合い方についてです。

何度でも三日坊主になってみる

極論ですが、三日に一度、三日坊主になれば毎日続けているということですよね。

まず始める⇒三日坊主になる⇒しばらくしてまた始めてみる⇒三日坊主になる⇒やっぱりまた始める

これを繰り返せば、初めの三日坊主でやめてしまうよりずっといいですよね。

三日坊主は怖くないんですから、気が向けば何度でも始めればいいんですよ!

 

無理をせず、習慣になるまで気長に待つ

シャンプーは好きですか?昔の人はそうでもなかったみたいですが、現代の私たちは一年中毎日のように髪を洗いますよね。

でも、子どものころは目に水が入るのが嫌で、あんまり好きでなかった人もいるかもしれません。

私も、子どものころはシャワーもプールも苦手でした。

また、歯磨きも子どものころは嫌いでした。ぶどう味とかメロン味の歯磨き粉で釣られながら、親に歯磨きを促されたものでした。

でも、そのどちらもいつしか習慣になって、やらないと落ち着かないものになりました。酔って帰ってきたとしても、やらずにいられません。

三日坊主になりそうな新しい行動も、いつか習慣になる日が来るかもしれません。それまでは無理にしなくていいんです。

ストイックすぎると、できなかったときのダメージも大きく、かえって三日坊主への恐怖が大きくなるものです。のんびり行きましょう。

 

続ける仕組みを作る

がんばって三日坊主を遠ざけるのは難しいかもしれません。

それなら、がんばらなくても三日坊主にならない仕組みを作りましょう!

このブログは資産形成のブログですので、「資産を作る」ということを続ける仕組みをよくお話しています。

資産を作るときの続ける仕組みは、ずばり「天引き貯金」「天引き積立投資」です。

私の場合、毎月の給料が振り込まれると、iDeCoとつみたてNISAで積み立てている投資信託の資金が自動で口座振替されます。

がんばらずに続けられるどころか、やめようと思ったら手続きを確認しないといけないので、そっちのほうが面倒です。

一度このような仕組みを作ってしまえば、普通に生活しているだけで、少しずつ確実に資産が増えていくのです。

私は、この6年間で約260万円の資産をこの「続ける仕組み」で作りました。仕組み作り以外は全く何も頑張っていません。

 

 

まとめ

三日坊主は怖くないし、やり方次第でうまく付き合える存在であることが分かっていただけたでしょうか。

それではこの記事のまとめです。またお会いしましょう。

 

三日坊主は怖くない! 恐れずにチャレンジしよう。

  • 三日坊主でも得るものは大きい
  • 三日坊主はむしろ愛される
  • 初期費用<チャレンジしたという事実

三日坊主との上手な付き合い方は簡単! これであなたも三日坊主マスター

  • 何度でも三日坊主になってみる
  • 無理をせず、習慣になるまで気長に待つ
  • 続ける仕組みを作る

 

小ネタ集計画

Posted by fab